「勝つ」「負ける」を定義しておきます①

      2017/08/30

勝った負けたというけれど

パチンコ・スロット(ギャンブル)において、

「勝つ」とは、「負ける」とはどういうことか、

ということをきちんと考えておきましょう。

ここを理解していない人は「勝つ」ことができません。

スポンサードリンク

1日単位の勝ち負けを気にする人

なじみのホールでたまに話をする若い兄さんがいまして、

彼はなかなか的確な台選びをする人で、

けっこうな収支をあげている(らしい)んですが、

その彼とこういうことがありました。

夕方5時ころ、アナザーゴッドハーデスの900ハマり台

(初心者の方に説明しておくと、これはかなりおいしい台。

ただし、最悪の場合2万円くらい負けるかもしれない)

を私が発見しましたが、私は他の台で出している最中で打てませんでした。

彼はその日大負けしていて、ホール内をふらふらしていたので、私は

彼にそれを打たせてあげようと思って、

「ハーデスの900ハマってる台が空いてるぜ!」

と教えてあげました。

そうすると、彼はこう言いました。

「俺、今日はもう6万も負けてるんですよ。それにハーデスは

相性が悪くて、天井狙っていい思いしたことないし。

今日これ以上負けたくないから、打たねえッス。」

 

彼の思考のどこが問題なのかを考えてほしいのです。

ちなみに彼は時間も金もあって、次に打つ台を探している

状態です。疲れたから帰りたい、とかいうわけでもありません。

今日負けても明日負けても同じこと

彼はこの900ハマり台がお宝台であることはわかっていますから、

仮に次の日にその台を見つけたら喜んで打つはずです。

それなのに、「今日一日の収支」をこれ以上悪化させたくないから、

「今日は」さらに2万負けるリスクを取りたくないというのです。

今日8万負けるのと、今日6万負けて明日2万負けるのと、

同じことだし、明日こんなお宝台を見つけられる保証はないのに。

「相性が悪い」というオカルトも問題ですが、

最もまずいのは一日単位の収支にこだわっているということです。

どんな凄いパチプロでも毎日常勝は不可能

「オスイチ」谷〇ひ〇し大先生のように、自由自在に

座って一発で当りが引ける人や、違法な手段を使う人は

別として、毎日毎日プラス収支で終わることは絶対に

不可能です。だから、1日単位の収支をいちいち気にするのは

まったくナンセンスなことです。軍資金が枯れてしまう、

というのなら別ですが、1日の大負けで軍資金が

枯れてしまうようならそもそもパチスロをやるべきではない。

勝っている人というのは、長い目で(少なくとも月単位、

たまにしか打たない人なら年という単位で)考えて、

勝っている金額のほうが負けた金額より多い人なのです。

先述のアナザーゴッドハーデス900ハマり台は、

1回単位で考えれば負けで終わる可能性も十分ありますが、

仮にその台を毎日見つけて毎日打ち続けたとしたら、月単位や年単位で

考えればほぼ確実にもうかるお宝台です。

だから、先述の状況なら、その日6万負けていようが関係なく、

打たなければならない、と考えなければなりません。

収支は長い目で考える

1日単位での勝ち負けにこだわると、このように

大チャンスをフイしたりすることになります。

ただ、この長い目で見て勝つ、ということには、

どんな台が長い目でみて勝てる台なのか、を知る必要がありますが、

それはまた別の記事で書きます。

次の記事も、「収支は長い目で考える」ことについて

書いていきます。

「勝つ」「負ける」を定義しておきます②

スポンサードリンク

おすすめ記事:

 

 - 初心者のためのパチスロ講座, 勝つための考え方 , , , ,