負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働日記:引けないものは引けないんだから仕方がない。パチンコ遊タイム狙い!

投稿日:

またしばらく更新が滞ってしまいました。こんなブログでもわざわざ見に来てくださってる方々にはほんとうに申し訳ないのですが、最近はぱちんこを打つことに対するモチベーションが著しく低下し、同時にブログ更新する気力もちょっと減退している感じ。

メイン戦術であるぱちんこ遊タイム狙いが徹底的につまらないうえに精神的にキツイ、というのもありますが、よく考えてみると私も少なからずコロナの影響を受け「コロナ鬱」みたいになってるのかもなあ~という気がしています。なにからなにまでやる気が起こらない。

私の場合はもともと友達もほとんどいないし社交的な生活は送っておらず、ふつうに暮らしている方々と比べればそうでもないんでしょうが、それでもコロナ以降はコロナ前とくらべて人と接触する機会がものすごく減りました。特養にいる母とは面会できず、面会に行かなければなじみの介護職員さんたちと話す機会もない。盆暮れに親類と会うこともない。仲のいいパチ屋の店員さんと話してもそれもマスク越しですからねえ。それにマスク外すとどんなカオしてるのかを知らない店員さんもだいぶ増えました。

そういうのが長くなってくると、常にひとりきりで暮らしていることについて、ものすごく寂しい、という気持ちが沸き上がってくることが増えました。いや、これまでもそういう気持ちをふとしたときに感じることはありましたけどね、目の前にあることを一生懸命やっていれば、その気持ちをかみしめているヒマはなかったしすぐに忘れた。しかし最近は、もうなんか絶望的な気持ちになって、目の前にあることをとにかくやらなきゃあ、という気持ちが押し潰され、なにも手につかなくなる。

これが鬱というものなのかどうか知りませんが、そういうふうにいままでできたことができなくなるのは鬱の症状のひとつであるらしい。いまのところ部屋がゴミでいっぱいになったりとか、身だしなみが急にだらしなくなったりといった自覚はないのですが、そうならないように努力するのが精いっぱいで、ブログ書こうという気になかなかならないんですよ。別の音楽ブログのほうはなんとかやってますけどね、ぱちんこはそれ自体がものすごくつまらないと感じているところなので、なおさらそれについて書こうという気持ちが湧いてこない。

しかし気分があがらないといって家に閉じこもっていては私はすぐに飢え死に。行きたくないなあと思いつつもパチ屋には足を運んでいます。うまく引ければそれなりに気分が良くなるけど、引けなければ気分が沈む。そういう意味ではぱちんこって本当に精神衛生に良くない遊技。今回は引けなくてますます気分が沈んだ日のことを。

「Pジョーズ3深淵」344回転 前日4 前々日130 その前不明

4月になってから猛烈にシメまくっているA店。

年度末にはけっこうアケていましたが、年度のはじめいうことでとにかくとりあえず利益を確保しておきたい・・ということなのか。

そのA店で、「Pジョーズ3深淵」が344回転で当たりナシ、前日が4回転だけ、その前の日が130回転で当たらず、その前はどうなのか不明・・・という状態で空台に。

う~ん、このホール、けっこう頻繁にリセットするんですよねえ。常連客にはそれがもう知れ渡っているので、宵越しならオイシイという台はけっこう落ちている。この台もリセットされてなければ最低でも478回転ハマっているので狙い目ですが・・・。

こういうとき、戦国乙女とかエヴァ決戦とかの大嫌いな台なら「めんどくせえ」と考えて打たないわけですが、このジョーズはけっこう好きだし→日常の稼働日記:どうせ打つなら少しでも魅力的な台を打ちたい。パチンコ遊タイム狙い! 、とりあえず344回転まわってるので、リセットだった場合のリスクも少しは軽減されている。ということで打ちます。

 

うわあ~、全然回んない。1000円あたり15回くらいしか回らないんじゃないかな・・と思ったところですぐに当たってくれました。しかし、初当たり後の「JAWS PANIC CHALLENGE」で赤の「バズーカ」が出たのにそれがスカ。この台、JAWS PANIC中のサウンドは最高なんだけど、このシンフォギアみたいな工夫のない演出だけは大嫌い。単発で即ヤメします。

投資・・・貯玉625個

回収・・・577個

差玉・・・マイナス 48個

「ぱちんこ ウルトラセブン超乱舞」遊タイムまであと308回転

次。「ウルトラセブン超乱舞」が142回転。宵越しは不明ですが100回以上回ってれば遊タイムまでの残り回転数が表示されるのがKYORAKU台のいいところ。

最初は「残り回転数が表示されたら、オイシイところで捨ててくれる人がいなくなる」と思っていましたが、そこに関してはほとんど関係ないですね。オイシイ数字が出ていても、それをオイシイと感じない人もいるし、気にしてない人もいる。そうなるとこのKYORAKU台方式はほとんどメリットしかない。なにしろリセットで大負けというリスクが減るし、ホールの傾向もつかめる。

で、今回の台は残り308回転という表示が。このホールの超乱舞はいつも13~14回といった回転力でイライラするので、もうちょっとハマってほしかった・・というくらいですが、まだ貯玉再プレイが残っているので打ちます。

 

・・・

40回転回したところでさりげなく緑保留に変化(いつも色保留灼熱モードでプレイしている)してビックリ。頼むから777で・・・という願いもむなしく666揃いで、7回転時短の乱舞セブンタイムは当然スルーでヤメ。こういう天井に行かなきゃ話にならない台の、天井前に当たったときのガッカリ感はほんと嫌。すぐ当たったからまあいいか。

投資・・・持ち玉577個と貯玉125個

回収・・・283個

差玉・・・マイナス 419個

 

「スーパー海物語 in 沖縄4 MTC」で持ち玉125個を無駄遣いしてからA店をあとにします。

「P真牙狼」261回転 前日74回 前々日142回 その前不明

P店へ到着。A店がリセットしまくり&ボッタクリになったので、相対的に重要度が増したホールです。釘はあまり良くないけど、「とある」のような人気の遊タイム機以外は据え置きでほったらかしになっている模様なので狙えます。

2台ある「P真牙狼」の片方の台が261回転。前日74回転、前々日142回転。その前は不明だがしばらく当たってないはず。どこかでリセットされた可能性もなくはないけど、ここは打つべきでしょう。

 

ちなみに私はサンセイR&Dの台は全部大嫌い。パチスロの「S沖っ娘」ではだいぶ稼がせてもらいましたからあまり悪口は言いたくないけど、ウザい上にビカビカまぶしい演出が嫌。どの台を打ってもなにからなにまでとにかく嫌い。

「真牙狼」も例外ではなく、遊タイムがついてなければよほどの甘釘でないかぎり打ちたくない。嫌だなあ~早く当たってくれないかな・・・と打っていますと、嬉しいことに169回転回したところでお面が下りてきて大当り。しかしこれが残念ながら通常大当たりで、時短50回転を駆け抜けて終わり。

今日は引けないなあ~。まあ早く当たってくれたからOK。

投資・・・貯玉2,500個と1,000円

回収・・・420個

差玉・・・マイナス 2,330個

「P北斗無双第3章」473回転

ほかに打つ台はないか・・・とさがしますと、「P北斗無双第3章」が大当り後473回転で空台に。

少し浅いし持ち玉は420個しかなくその先は現金投資か。ちょっと迷いましたがこのホールの無双3の釘はそれほどひどくない。18~19回ほどは回る感じなので、ここは打ってみようか。

 

・・・・

・・・・

途中、「究極無双」だの、金色のジャギストックだのが発生したり、金保留になったりとアツい展開が何度も来たのにことごとくスカって、順調にハマっていきます。現金投資だからなあ、とにかく早く当たってほしいのに。

で、・・・900回転目にまた「覚醒」。とくにアツくもない展開で、最後のマミヤのカットインは緑。ハイハイ、ハズレるんでしょ、ていうかここまで来たらハズレてよ・・・とボタンを押すとまさかの大当り。

いやいや、たしかにさっきは早く当たれって言ったけど、ここまで引っ張って激寒展開で当たるってどういうわけなの。ラッシュ入ってくれりゃあいいけどどうせ単発なんでしょ・・と投げやりになっているとやっぱり単発で終わり。やられた。

投資・・・持ち玉 420個と22,000円

回収・・・417個

差玉・・・マイナス 5,503個

「P北斗無双第3章」435回転 前日160回転 前々日最終13回転

ここで時間は19時すぎ。もう帰ろう・・・としたところで、さっきまでおばさんが打ってた「北斗無双第3章」が空いてることに気がつきます。435回転まで回され、据え置きなら宵越しは2日間で173回転。

据え置きであれば608回転ハマりでオイシイ。天井まで持ってかれても連チャンを消化する時間はあるか。また現金投資で戦わなくてはならないとしてもここは打つべきか。

 

とにかく早いところ当たって、できれば連チャンして・・・と願いつつ打ちますと、81回転回したところでリーチがハズレて「一撃当千チャンス」に。

「第3章」は初代にくらべて「一撃当千」の信頼度はかなり落ちた気がしますね。なのでまったく期待しないでいますとこれが当たり。

おお・・よかったあ~。頼むからここから連チャンしてくれよ。「幻闘決戦」ではいつもは「極悪同盟」を選びますがこのときは間違って「救世主伝説」で挑戦。

最後の最後、アツそうなカットインが発生してケンシロウが赤文字の奥義を出し、こりゃあ当たるんじゃねえの~と期待してボタン押したらスカ。腹立つなあ。こういう煽りがムカつくからやっぱり私は「極・先制重視」の「極悪同盟」一択。

「無双3」の2台めは投資持ち玉417個と3,500円、回収は423個。マイナス 869個。

 

ここでこの日の稼働は終了。

この日のトータル収支は、差玉マイナス 9,294個、金額に直すとマイナス 36,660円。

天井まで持ってかれることはなかったから収支的にはそれほど大負けにはなりませんでしたが、とにかく連チャンが引けなかった。

まあ引けないときはこんなもん・・・なんですけど、なにしろゲーム性はどの台もたいして変わらず面白くもないのでとにかく疲れるし、「これだけの時間を費やしても結果が出なかった」と考えてしまうと気持ちが沈んでしまう。1日というスパンで結果が出ないのは当たり前だということがわかっていても、精神的に弱っているとその当たり前の考えが湧いてこない。クッソ~という気持ちだけが前面に出てきてしまいます。

 

ここまでどの台のことも「嫌い」「ここが嫌、あれが嫌」とか書きまくって、すごくムナクソの悪い記事になりまして、読者の方々にはお詫びしたいですが、それが今の私の偽らざる気持ち。もう30年以上もぱちんこ打ってきて、これほどまでにぱちんこに対して「面白くない」と感じたことはないっていうくらい。遊タイム狙いでこれまでに打ったこともないようなクソ釘の台を我慢して打っているから、っていうのもありますけど、この日打った台たちのように、「当たったところでイイほうにいかなければ激ショボで終わりで、当たっても少しも嬉しくない」っていう台ばっかりなのがねえ・・・。そこを考えるとやはり、冬ソナや沖海4のような確変ループタイプこそがぱちんこ業界を救うと思うんだけどな。「とある」がウケてるのも、100%ST突入っていう安心感があるからでしょ。当たったら素直に嬉しい、安心して打てる台がもっと増えれば、私のぱちんこに対するモチベーションも持ち直すかもしれません。

 

-パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.