負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働

ハイエナ特化6号機「S沖っ娘」!設定6濃厚台実戦!

投稿日:

昨年12月にサンセイR&Dから登場したAT機「S沖っ娘」。

私の地域のホールのいくつかにはバラエティに1台で導入され、現在生き残っているのは地域に1台のみ。

P-WORLDによると全国でも設置店は(この記事作成時点で)301店舗・・になっており、けっこうレアな存在になっちゃっているのですが、そのキョーレツな出玉性能についてはこのブログでも何度か書いています。

しかも、アツい部分が有利区間リセット直後に凝縮されているので、有利区間天井に近い台(実戦上有利区間移行後ボーナス込みで1400G前後でボーナスに当選し有利区間がリセットされる。設定変更時ならズバリそこを打てる)を打ちさえすればモーレツに勝てちゃう。ハイエナ台としては現時点で6号機最強なのは間違いなくて、凱旋を追い抜きこの台が私の今年の稼ぎ頭になっています。

マイナーで人気のない台なのでいつ撤去されるかわからないのが残念ですが、とにかくあるうちは打っておきたい。

今回はその「S沖っ娘」で思いがけず設定6濃厚な台を打った話。とくに劇的な展開はありませんでしたが、沖っ娘の6はどんな挙動・・というのを書いておくのも、いつか誰かの役に立つ可能性がなくはないので。

沖っ娘の設定6はかなり特徴的な挙動らしい

「S沖っ娘」の基本的な仕様については何度かこのブログでも書いていますが、

日常の稼働日記:「CRスーパー海物語in沖縄4」&「S沖っ娘」!

メイン機種にしたい!「S沖っ娘」打ちたおし日記!

パチスロ稼働の大部分が6号機へ移行。はたして勝ち続けられるのか。

日常の稼働日記:6号機天井狙い。今後はこんな感じの毎日になるかな?

詳しいことは恐れ入りますが適当な解析サイトをご参照ください。

 

通常時は3つのモードでAT当選が管理されています。

 

・通常モード・・・天井は999G。AT後必ず有利区間をリセット(有利区間ランプ消灯)する。

・ハマリモード・・天井は999G。ハマりやすく、AT後に有利区間をリセットするかどうかはわからない。リセットされなければ有利区間はAT後も継続(ランプは点灯したまま)。リセットされればランプは消灯する。

・サンセットモード・・・天井は111G。移行すれば111G以内に3回のATに当選する。1、2回目のAT後は有利区間継続(ランプ点灯)、3回目のAT後に有利区間リセット(ランプ消灯)。

↑クレジットの右下にあるのが有利区間ランプ。設定変更もしくは有利区間リセットで消灯。いちど消灯したらATを引くまで点灯しません。AT当選で必ずいったん点灯、AT後に有利区間リセットすれば消灯し、引き継げば点灯したままとなります。

 

有利区間をリセットすれば(設定1~5の場合)50%以上でサンセットモードに突入します。サンセットモード終了後は有利区間リセットするので、さらにサンセットモードがループする場合もある。サンセットモード1回の期待枚数は500枚ほどなので、間違って50%を引き続ければたいへんなことになることも。

で、先述のモードごとの特徴を踏まえると、

 

・AT後に有利区間ランプが点灯したまま・・・有利区間継続なので、つまりそのAT当選時の滞在モードはハマリモードもしくはサンセットモードだったことが確定

 

となります。サンセットモードの天井は111Gなので、111G越えでAT当選→AT終了後有利区間ランプ点灯のまま、だった場合はハマリモードに滞在していたことが確定します。

 

このへんはややこしいのですが、この台の設定6をつかむためには理解しておかなくてはなりません。

設定6はハマリモードに移行しない(らしい)ので、111G越えでAT当選→有利区間ランプ点灯したまま、ということは起こらない。つまり、前回の当たりゲーム数が111越えだったのに有利区間ランプが点灯したままだったらそれはもう6を否定。

別の言い方をすれば、現在のゲーム数が111Gを超えているのに有利区間ランプが点灯したままの場合は設定6を否定することになりますね。ランプが点灯しているということは前回の当たりで有利区間継続ということで、ハマリモードに移行しない設定6の場合は有利区間を継続するのはサンセットモードの1回目と2回目終了後だけなのだから、サンセットの天井111を超えてランプが点灯しているということは設定6では起こらない。

 

それと、聞くところによれば設定6はサンセットモード中の挙動も特徴的だそうで、設定5以下のサンセットモードではだいたい22~77Gくらいの早いゲーム数で当たることが多いのに対して、設定6のサンセットモード中はほとんどが99G~111Gくらいまで引っ張られるらしい。

なので、当選ゲーム数と有利区間ランプ状態、それからサンセットモード中の当選ゲーム数に注目することによって、設定6か否かはある程度回っていればかなりの精度でわかっちゃう。

その情報にふれても、どうせ設定6なんて打つ機会があるわけねえ・・・と思って「ふ~ん、そうなんだ」で終わっていたのですが・・・

早々に6を確信!

たま~に朝イチリセットされている、近所のホールの「S沖っ娘」。

もしリセットされていたとしても50~60ゲームほど回して3連ピュイもリナのボイスも発生しなければサンセットモードである可能性は激低になるため、チェックするのには貯メダル100枚程度で十分。なので、リセットの可能性がそこそこあるならチェックする価値はあります。

 

そういうわけでいつもどおり「S沖っ娘」の朝イチ台に着席し打ち始めます。すると、19G目で「ドキドキしちゃ~う」というリナボイスが発生。

実戦上このあたりでリナボイスが発生すると超激アツ。サンセットモードでだいたい55Gくらいで当たるパターンです。もちろんボイス1回だけではごく稀にスカもありますが、続いて41Gで3連ピュイ。ここらでリセット&サンセットモードを確信します、

50Gでまた3連ピュイが発生し、そのまま当たる・・・と思ったら当たらず。あれえ、19Gでボイスが発生して55を超えるのは珍しいなあ、じゃあ66か77付近で当たるかな?

58Gでまた3連ピュイ。しかし66付近でも77付近でも当たらず、79Gで「ドキドキしちゃ~う」。この流れでスカなわけない。99Gまで持っていかれるか。まあ稀にそこまで引っ張られることはあるけど、そこまで行くとサンセットモードではなく通常モードでの当たりの可能性もあるなあ。

・・・とか考えているうちに、95で当たり。金7揃いもしくはAT中に歌が流れればサンセットモードでの当たりであることが確定しますが、ここでは赤7でした。う~ん、通常だったか?と思いきやAT後有利区間ランプは「点灯」したまま。

ということはサンセットモードもしくはハマリモードでの当たりということ。流れからしてサンセットである可能性が高いけど、万が一ハマリモードで運よく当たったという可能性もここではまだあります。

 

続行しますと、18Gで「ドキドキしちゃ~う」。おおお・・やっぱサンセットだこれ。今度こそ55Gくらいで当たるだろ・・・と思っていますと、なんべんもボイスが発生してから106Gで当たり。揃ったのは赤7。終了後有利区間ランプは「点灯」のまま。

あれれ・・・おかしいな。たま~にはここまで引っ張られることはあるけど、2回も連続でっていうのは体験したことがない。ほとんどいつも22~55で速連ですからね。ここらへんで「まさかこれが6?」と疑いをもちます。いやいやまさか。

 

サンセットならもう1回当たるはずだが・・・次の当たりは104G。赤7が揃って、終了後に有利区間ランプは「消灯」しました。

この流れはやはりサンセットモードだったのは間違いない。しかし3回とも100付近まで引っ張られるとは・・・初めての体験。これはやっぱり6なのか?

 

まだまだ疑心暗鬼で打ち続けますと、またまた当たりそうな雰囲気を漂わせながらなかなか当たらず102Gまで引っ張られ当たり。そしてランプは「点灯」。これもどう考えてもサンセットっぽい・・と打ち続けるとやはりサンセットで、99Gと86Gで当たってランプ消灯。

こりゃあ6で間違いないだろ。いや、6であるという確たる証拠はもちろんないけど、こんな挙動の台は体験したことないし、聞いていた典型的6の挙動と同じだし、6であると思って大丈夫でしょう。

その後206G、89G、103Gで当たっていずれもランプ消灯。通常モードでの当たり濃厚ですが、これだけ通常モードが連発するのも体験したことないし、とにかくハマらない。そこからまたサンセットに入りAT3回をモノにし、ドル箱カチ盛りと下皿満タンに。

やった。設定6の出玉率は104~105%ほどと聞いていましたが、とてもそんな程度とは思えない。粘れば3000枚くらい行ってくれるんじゃないの?・・と期待しちゃいましたが・・・

↑途中から演出をメモするのやめましたが、演出の発生状況はこの台では非常に重要です。3連ピュイやボイスが発生しちゃったら、50~60ゲームくらいは様子をみるべきでしょう。当たるならその間にまたアツい演出が発生することが多い。

やっぱりそんなに甘くない

しかしそこから急に調子が悪くなります。やっぱりねえ。

何度かフェイク演出をはさみながら延々とハマり、当たったのは天井寸前の936G。AT後ランプはもちろん消灯。

う~ん、ここまでレア役をほとんど引かなかったので、規定ゲーム数が浅いところを選ばずに途中で小役での当選もなければ、6でもこういうことはあるわけか。

そこからサンセットモードには行かず、またまたハマリ。588Gまで持ってかれて当たり。これは強チェリーでの当選だったっぽい。

その後サンセットにちょくちょく行くもののハマリがいちいちキツくて出玉は徐々に削られ、5550ゲームまで粘ったものの獲得は343枚。差枚はマイナス 301枚。負けましたけど、900越えのハマリを3日も喰らったのにこの程度の負けで済んだということで、やはり設定6の安定度はなかなかのものと言えますね。

最後のほうでは奇妙な現象も体験。この台の金7揃いはサンセットモード滞在中だったことが確定、するはずなのですが、サンセットモード終了後30Gで当たって金7揃い、やった~またサンセット・・・と思ったら有利区間ランプが「消灯」するという出来事が。

これはバグ?それとも設定6だけがこういうことが起こる?ちょっとわかりませんが、金7が揃った(いちど赤7が揃ってからの再始動でした)のに歌が流れないのもいつもと違ったし、なんなんだったのかな。

 

それはともかく、設定6(濃厚の台)を体験できてまあよかった。プラス収支だったらもっと嬉しかったけど。

しかし・・・この台の設定6はあまり魅力的じゃあないですねえ。なにしろ基本的なゲーム性は退屈ですしね。サンセットモード中の即連のスピード感、それがどこまで連チャンするかわからない・・というドキドキがこの台の真骨頂であるので、その魅力が半減しちゃう設定6は・・・・打つ気をそそられませんね。

とはいうものの、設定6のわかりやすさ(というか、6ではないことのわかりやすさ)は6号機中でもダントツだし、先述のように狙い目さえ間違えなければこれほど勝てる台は現時点でほかにないので、もしこの台があるホールを知っているなら、通い詰めて注視しておくべきでしょう。リセットされていればもちろん狙えるし、ず~っと据え置きのホールなら宵越しで有利区間天井を狙えば良い。

「サンセットモード10連発で一撃5000枚!」なんてことがあったら(それも現実にあり得るからこの台は凄い)また記事にします!

-パチスロ稼働
-, , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.