負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

認知症・介護 認知症を予防するために

アメリカ食品医薬品局(FDA)がアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」を承認!

投稿日:

アメリカのバイオジェン社と日本のエーザイが共同開発した、アルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」。

6月7日にアメリカ食品医薬品局(FDA)が承認するか否かを判断する・・ということで注目していましたが、どうやら「条件付きで承認」ということになったようです。バイオジェンもエーザイも株価爆上がり。そりゃあそうでしょうね。ほんとうに効くんならこれから莫大な売り上げが期待できる。

Bloomberg エーザイとバイオジェンのアルツハイマー治療薬、FDAが承認

ただしFDAは追加の治験を要求、その結果しだいでは取り消しもありえる・・・とのこと。

一度は芳しい結果が出ず治験を中止、またやりなおしてそのすえにようやく承認ということで、エビデンスが不十分、という声もあり、今後どうなっていくか、そして日本でも承認されるのかどうか、不透明なところは多い。でも、現時点では「絶望の病」であるアルツハイマー病を予防(厳密には「根治薬」ではない)できるかもしれない薬の登場は、患者とその家族にとっては画期的なこと。

ていうか患者とその家族だけでなく、すでに認知症がありふれた病気になり、その患者の介護のために莫大な社会保障費がかかっている日本においては、全国民が関心をもたなければならないトピックでしょう。

先日の記事→アルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」は承認されるのか でもアデュカヌマブについて触れましたが再度記事にしておきます。

脳にたまるアルツハイマーの原因物質「アミロイドβ」をやっつける抗体薬

アルツハイマー型認知症は、脳に「アミロイドβ」というたんぱく質がたまることで脳細胞が死滅する、というメカニズムで発症すると考えられています。

その「アミロイドβ」に対する「抗体」を投与することで「アミロイドβ」を消しちゃおう・・っていう発想からつくられたのが「アデュカヌマブ」。

これまでの抗認知症薬は、生きている脳神経細胞の活性化をはかったりするのが効能であって、症状を和らげたり進行を一時遅らせることはあっても、原因そのものに作用するものではなかった。そこがアデュカヌマブの画期的な点。

 

注意するべきは、アデュカヌマブは原因物質を除去するだけであって、すでに死滅した脳神経細胞を再生するものではないということ。私の母のように認知症が進んですでに脳がしぼんでスカスカになっているような患者の場合は投与されたところであまり意味がない。

だからこれが普及したとしても対象となるのは、アミロイドがたまり始めた初期のころの人、ということになりますね。アミロイドがたまり始めている、あるいはもうたまっているけれど脳細胞の死滅が進んでいなくてアルツハイマーが発症する前もしくはまだ軽症・・という人に投与することで、アミロイドの除去とそれ以上のアミロイドの蓄積を防ぎ、アルツハイマーの発症を防止もしくは脳細胞の死滅をストップする、ということか。

 

実際に効けばものすごく画期的だけど現時点では問題が山積。

まず薬価がめちゃめちゃ高い(月に数百万円とかいうレベル?)ので、仮に保険適用になったとしても、やたらめったら使うわけにはいかない。効果が見込める人のみ・・ということになるので、ごく初期の人や若年性アルツハイマー、家族性アルツハイマーなどの方だけに使うことになるでしょう。

アデュカヌマブを使うのが適当かどうかを知るためにはアミロイドがどれくらいたまっているのか、脳を検査しなければなりませんが、それを検査するのも現時点ではかなりたいへんみたい。検査自体には苦痛はないらしいですが、それをやっているところが少ないし、費用は自費なので30万円くらいかかる。(βアミロイドPET検査)

それに、「アミロイドβのせいでアルツハイマーになる」っていうこと自体が「アミロイド『仮説』」と呼ばれているくらいで、そもそもそこにも疑いをもっている科学者もいる。それもあって「エビデンスが不充分」という声があがっているようです。

 

いい薬だったとしても自分がそれを使って効果があるかどうかは状況次第。効果が出るかどうかを判断するための脳の検査は費用が高いし、薬の値段も高い(ぜひとも早く承認されて保険適用になってほしい)。そのうえ、なんかアメリカでの承認もなんかムリヤリな感じで、ほんとうに大丈夫なんだろうか・・という気もする。

しかしそうであっても、アルツハイマーと診断されたらもう絶望しかないのと、すがる藁があるのとでは大違い。多少の物忘れがあったとしても、私の母のように息子の顔も名前もわからずそれどころか意思の疎通もできないという状態にならなくて済む、というのであれば、アルツハイマーになっても希望をもって生きていけるかもしれない。

薬があれば、「検査を受けてみようか・・」という気にもなれる

私の母がアルツハイマーと診断されたとき。家族はみな、母の物忘れがどう考えても只事じゃない・・と感じてはいたのでその意味では「ああやっぱり」という感じでしたが、薬(アリセプト)を服用したとしても「進行が遅くなるだけで、治ることはない」と知ったときは、やはり絶望しか感じなかった。

ほんとうは母本人がどれだけ絶望しているか慮ってやるべきだったのですが、家族にはそんな余裕はなかったのです。そこを考えずに物忘れによって家族を振り回しまくりの母に対してイライラして怒鳴ったりして、ほんとうにかわいそうなことをしました。この後悔は死ぬまで引きずることになると思います。

物忘れが激しくなったころ、「医者に診てもらおう」と言っても母は強硬に拒否したのですが、それも今になってみれば気持ちはわかる気がします。認知症であるとわかったところで、今後は良くなる見込みがないのであればそんなものわかりたくもないでしょう。ただ絶望するだけ。

 

しかし、アデュカヌマブがほんとうに効く薬で「この薬を使えば、アミロイドがそれ以上蓄積せず、認知障害も発生しません。これ以上ひどくなりません。ちょっと高いけどどうしますか?」っていう選択肢となるなら、自分がアルツハイマーもしくはその予備軍かどうか、病院に行って診てもらおう、という気にもなれるかも。その意味でアデュカヌマブの承認は意味があるでしょう。私の母もそうでしたがとくに若年性の場合などは、物忘れが激しくなって「俺ってひょっとして・・」と思ったとしても受診するのはためらわれる。その結果治療の開始が遅れる・・・ということは多いでしょうから、こういう薬が開発されてて、認知症は予防できる病気になりつつあります!というのは声高に言うべきことなのかも。ガンだって「早く見つければ治ります」って言われれば割と気楽に検診受けられますよね。

 

かくいう私もけっこう昨日のこととか忘れる。変化に乏しい生活をしているからかもしれないけど。なじみのパチ屋の店員さんと話してて、「昨日はどこで何を打ったんですか?」とか訊かれると、それがすぐに思い出せなかったり。もし今の私の脳にアミロイドがたまり始めていたら、これからアデュカヌマブが承認されても私には間に合わないかもしれませんが、とにかく製薬会社はさらに研究をすすめてほしいし、はやく実用化されて保険適用にしてほしい。

引き続き今後の動きに注目しましょう。

-認知症・介護, 認知症を予防するために
-, , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.