負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチンコ・パチスロ雑談 新型コロナウィルス

プレステ2で巣ごもり生活を忍ぶ!:その④「ゴールドXR」編!

更新日:

大型連休が終わって一部地域では飲食店や遊興施設への営業自粛要請が解除されていますね。

テレビでは一つ覚えのようにパチ屋に人が群がる姿を映して、「頑張ってる人がいる一方でこんな人も!」という印象を植え付けて分断を煽り、視聴率につなげようとしている。まさにマスゴミ。

 

そういえば、千葉の某市では市長がわざわざ出向いてパチ屋に休業要請をしに行ったそうですね。

市民は「この非常時に、市長ってなそんなにヒマなのか?」という怒りの声をあげなきゃあダメでしょ。たかだかパチ屋に営業休止を頼むくらいのことをやりにわざわざ首長が自ら出向く。暇じゃなきゃあできませんよね。それをあえてやるということは、

「市長としてなにをしたらいいかわかんない。でも、とりあえず「やってます」感を出したいなあ。せや!パチ屋に文句言いに行こ。パチ屋なら叩いても市民に反感を買わないしね。」

っていうだけのことなんだろうな、と。つまりただのポーズ。ほんとうはそんなことどうでもいいと思ってるんでしょう。放っておいて自分が市民に責められるのを避けたいだけ。テレビの自称知識人たちや自称ジャーナリストたちはなあんにも言わなかったけど、これは市民が「ほかにやることあるだろ!ヒマなの?」と責めるべきことなはず。

この非常時は、ほんとうに頼りになる人かどうか、政治家は試されることになりますね。有権者はここで彼らがどんな仕事をするかをよくみておいて、次の選挙に活かさなくてはなりません。

 

そんなことはともかく、私の地域はパチ屋はもちろん施設や飲食なども休業を継続中。まだまだ巣ごもり生活。

巣ごもりの友として「プレイステーション2」でパチスロをプレイする記事の続き。

5月10日の「ゴッドの日」は幻になっちゃったので・・・

5月10日は、スロッターが勝手に「ゴッドの日」としている日ですね。

5月10日はGODの日・・・?

今年のそれは全国の大部分のスロッターにとって幻になってしまいましたね。もし打てたとしても、前にも書いたように5月10日だからといってGODをヒラ打ちするというような無謀なことは私にはできませんが、そのかわりプレステ2でプレイしてみようかな、と考えました。

 

しかし私の所有するプレステソフトには「ミリオンゴッド」がない。なにかなかったかなあ・・・とよく探してみると、あった!「ミリオンゴッド」ではないけど、その後継機。

Amazon.co.jp ゴールドX

「ゴールドX」。

2003年、あまりに射幸性が高すぎるということで検定取り消し、撤去となった史上最強のギャンブル台「ミリオンゴッド」のかわりというかたちで発表されたのが「ゴールドX」。基本的なゲーム性は「ミリオンゴッド」を踏襲するものの、ベースをほんのちょっと高くし一撃性能も抑えられていました。ミリオンゴッドでは揃わなかった通常時のリプレイも、順押しで揃うようになっています。

私は「ミリオンゴッド」については当時「こんなもんパチスロじゃねえ」と思っていたし、通っていた「グリンピース」の新宿の各店舗には導入されなかったし、なによりもどれだけカネがあっても足らないそのギャンブル性には恐怖しか感じてなかったので、2~3回くらいしか触らなかった。

なので、それにかわって「ゴールドX」が登場したときも私はほとんどシカトしてました。横浜市のあるホールで、「ゼットゴールド」「ゴールドXR」「南国育ち」などを大量設置して激アツなイベントをよくやっていたので、そこで「南国育ち」などが取れなかったときに数回触ったくらい。

まあいい目はみられなかったし、天井はあってないようなもの(最大で4200G)で狙えなかったし、6以外の設定推測はほとんど不可能なレベルだし、なによりも面白くもなんともなかった。

だからこのソフトも持っていたけど一度もプレイしないまま。はじめてプレイします。

(ちなみにこのソフトはタイトルは「ゴールドX」ですが、じっさいに収録されているのは「ゴールドXR」。「ゴールドX」はいわゆる「攻略法」が発覚したため大問題になり撤去、それに対しての対策が施されたのが「ゴールドXR」)

低設定域は超絶ボッタクリ、そして設定6はあまり魅力的でもない

「ゴールドXR」は設定1で出玉率が87%ほど、設定6で112%ほどとされていました。

87% ! ひでえなあ。正気とは思えませんね。でも、当時のホールあふつうに使ってたんでしょうね。

低設定域はまさにボッタクリ。この台の通常時には「高確率」「低確率」の状態があり、高確率へ移行しないと確定役やリプレイ4連を引かない限りほとんど当たらないのですが、その高確率へめったに移行しない。(設定1で実質確率1/2528。設定6は1/203)。

そのかわり低設定域はひとたび引けてしまえばGGの連チャン性が高く一撃はデカい。確定役の確率も高い(PGGとSGGの確率には設定差が存在。設定1→PGG1/8192、SGG1/4096、設定6→PGG1/16384、SGG1/16384)。超高速オートプレイで設定1を1万ゲーム回したら2回やって2回とも差枚プラス4,000枚くらいになっちゃいました。間違っていいほうに偏れば低設定でも凄いことになります。

 

高設定域は一撃性能が低いかわりに、高確率へ移行しやすく、高確率からの転落率も低い。GG中は状態移行しないので、高確率でGG当選すれば数珠つなぎで連チャンする可能性は高くなります。

その、「当たりやすいけど一撃連チャンはデカくない」という高設定の特徴が極まっているのが設定6。

いやあ、GOD揃いと赤7の確率が低いっていうのはイヤですね。どんな状況でもそれに期待できて、それに期待しながら打つのがGODの醍醐味なのに。

その意味で設定6にも魅力がない。低設定域は地獄。こんなもんは人気が出なかったのも当然だろうなあ・・と思いつつ、とりあえず打ち始めます。

設定6の安定度を体験!

通常時は順押し厳守。ハサミもダメです。

そして「雷」がバ~ン、から「?」による逆押しナビが頻繁に出現します。このときはモード移行も抽選されているらしいのですがこれはウザい。なんかもう、「打たされてる」って感じがイヤ。

 

で、604Gでリプレイ4連から初GG突入。仮想投資22,000円。

GGは基本30G(10Gだったら設定6確定)、純増10枚くらい。PGGは300G(ペナルティ時を除き、100Gだったら設定5以上確定。設定6はほぼ100G)。右リールに赤7が停止するSGGはGG3セット以上が確定)。

つまりGG1回で300枚くらい獲得ということになります。PGG300Gなら一撃で約3,000枚。元祖の一撃5,000枚にはもちろん負けますが引ければデカいですね。

 

GG中に上乗せもありますが確率は通常時の低確率と同じなので期待薄。作業という雰囲気が濃くなります。いわゆる「レア役」っていうのもありませんしね。

 

初GGは単発。312枚獲得。

次に325Gで単発GG。仮想追加投資7,000円。さらに速攻でGG当選。さすがに設定6。コンスタントに当たります。

 

打っていてひとつだけイイと思ったのは、演出の連続や奇数テンパイの連続などはめったに起こらないかわりにきちんとアツいというところですかね。しかも潜伏や前兆は基本的に短い。このへんの潔さは5号機とは違いますね。

 

で、8回目のGG終了後、G-ZONEが終わった次ゲームに遅れからSGG!プレステだと1/16384をカンタンに引いちゃう。強制フラグは使ってません。

↑右リールに赤7が停止すればSGG。

 

そのSGGはGG3連。その後80GでまさかのPGG!なんでゲームだと引けるんですかね。このときはオートプレイにして記事をつくりながらやってたので演出がどうだったかみることができず。その後強制フラグでPGGを30回くらい発生させてみたんですけど、演出はほとんどフリーズか遅れなんですね。GG中はそれと???ナビ。

 

これがやっぱり100Gで獲得は909枚。ショボいなあ。

しかしなんといっても最高設定6。GOD揃いの威力はショボくなっていても初当たりの軽さは異次元。

ハマリ知らず、しかもそこそこGG連も引けて・・・

 

プラス 3304枚!ちょっとデキすぎですね。

安定度抜群。設定1でのシミュレーションでは3600Gハマリとかあったのに。

凱旋やハーデスの完成度の高さを実感

レトロなGODの雰囲気を味わえて、楽しめたといえば楽しめましたが・・・

あのあまりに完璧だった「アナザーゴッドハーデス」や「ミリオンゴッド凱旋」をさんざん打ちたおしてからだと、かなり未完成な感じがしましたね。

 

さっきも言ったけどとにかく「打たされている」感が強い。いついかなる時も台の指図した通りに打たなくてはならない。

まあ爆裂4号機はみんなそうだったけど。それに凱旋やハーデスも押し順のペナルティはある。でも、凱旋やハーデスは出目や演出の充実度が高いから「打たされてる」「作業」という印象は薄かった。対してこの「ゴールドXR」(つまり4号機ミリオンゴッドも)は・・・そのあたりの作り込まれ方はイマイチだったんだなあ、と。

このゲームをプレイしていると、ハーデス・凱旋がいかによくデキた台だったか、が浮き彫りになりましたね。ただそれだけ。パチスロは5号機になってクソばかりになったと5号機初期にはよく言われていましたが、GODシリーズにかぎっていえば4号機はクソで5号機は最高でした。

しかしその歴史があったからこそ、ハーデスと凱旋のような神台が世に出ることができたんでしょう。

 

昔の名機もクソ台もおカネをかけずに体験でき、歴史を学べるのがゲームのいいところ。巣ごもりが続くあいだにどんどんプレイして記事にすることにしましょう。

関連記事:

巣ごもり生活の友!プレステ2でパチスロを楽しむ!その①:「巨人の星」編!

プレステ2で巣ごもり生活を凌ぐ!:その②「CR新世紀エヴァンゲリオン セカンドインパクト編!

プレステ2で巣ごもり生活を耐える!:その③「ゴールドアンドシルバー」編!

いつまで続く?巣ごもり生活withプレステ2!~その⑤「宝船」編!~

-パチンコ・パチスロ雑談, 新型コロナウィルス
-, , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.