負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

勝つための考え方

勝つための近道!貯玉再プレイを活用しよう②

更新日:

前の記事 勝つために必須!貯玉再プレイを活用しよう

の続きです。

等価交換を禁止するなどの措置をとる地域がでてきて、

換金ギャップ(コイン・玉を借りるときの1枚(個)あたりの価値と、

出玉として交換するときの1枚(個)あたりの価値が異なる)

のあるホールが多くなってきた現状では、現金投資をなるべく少なくして、

持ち玉での遊戯を増やすことが重要であり、そのためには

ホールの会員カードをつくるなどして

「貯玉再プレイ」を活用することが重要である・・ということを書きました。

これはものすごく重要なことで、やれ設定推測だの期待値だの言うよりも

簡単に勝ちへ近づける手段ですので、もうひとつ記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

貯玉再プレイ会員カードをつくらない人の思考

以前の記事 「勝つ」「負ける」を定義しておきます①

にて登場してもらった若い兄さん(エルくんと呼ぶことにします)に、

ことあるごとに「会員カードつくったほうがいいんじゃない?」

と言っているのですが、なぜかつくろうとしません。

理由は「めんどうくさいから」

月に1回とかしかパチスロしない、とかいうのならわかりますが、

彼は週に5回くらいはパチスロを打っています。

収支も記録していて、なるべく低設定台を回避する立ち回りも

徹底しています。それなのに貯玉再プレイを使おうとしない。

まあ、めんどうくさいという理由はわからなくもないです。

私も買い物系のポイントカードなどは、つくれば得なのは理解していても、

財布が厚くなるのが嫌で、あまりつくりたくないですから。

結局、こういう人の場合の、貯玉再プレイを使わない理由は、

①めんどうくさい

②長い目で考えることができない

③資金的に余裕がない

④個人情報をホールに教えたくない

⑤カードの状況によって出玉を遠隔操作されると思い込んでいる

こんなところではないでしょうか。

①めんどうくさい についてはもう論外。

めんどうくさいから適当な台に座って適当に打ち散らかす、

というのとなにも変わりません。

②長い目で考えることができない

1日単位でしかものを考えられないと、カードをつくって貯玉しておいて、

次回に活用したほうが得・・ということに、なかなか思いが至らないです。

とりあえず、今日、財布の中身を増やしたい、ということにとらわれる。

③資金的に余裕がない

お金に余裕がなくて、換金しないとやっていけないので、

貯玉できないというパターンはあると思います。

貯玉再プレイに上限を設けているホールがほとんどなので、

ミリオンゴッド系や沖ドキ!など、投資が膨大になる台の場合は

どうしても再プレイだけでは投資が収まらず、

多額の現金投資が必要になりがちです。

そうすると、せっかく貯玉しても、現金投資するための現金を、

貯玉を換金して得る・・ということになり、

なかなか貯玉できない。これはよくありそうなことです。

しかし、そもそも、貯玉をできないほど資金に余裕がないのであれば、

パチスロで稼いでいくのは厳しいです。

とりあえず、ある程度の貯玉が貯まるまでは、

負けたものと思って換金を我慢することです。

④個人情報をホールに教えたくない

パチ屋に行っているのを家族に知られたくないから、

ダイレクトメールとかを送られると困る。

だから会員登録などはしない、という人は

けっこういると思います。

「ダイレクトメールいらない」という設定にしても、

重要な情報(たとえば、完全閉店とか、交換率の変更とか)

については、いらないといわれようが送ってくる場合もあります。

これはそもそも家族に内緒というところが問題です。

個人情報うんぬんは、パチ屋に行っている時点で防犯カメラに

撮られまくりなんだし、気にすることないんじゃないかなと思うんですが・・。

⑤カードによって、出玉を遠隔操作されるんじゃないか

貯玉をいっぱい持っていると、当たらないように遠隔操作

されるんじゃないかとか、そういった根拠のない懸念を

もつ人と話したことがあります。

遠隔についてはまた別の機会に書きたいと思いますけれど、

基本的に、仮にもし万が一遠隔操作がされているとしても、

「出ないようにする」遠隔操作はまずないと私は考えています。

心配があるとすれば、あまりにホールにとって目障り、不利益な

客と判断された場合、カードの情報によって、その客が

どんな台をいつどれだけ打ったかがわかりますので、

それを使って締め出しをはかる店長はいるかもしれません。

たとえば、私のようにいつもミリオンゴッド系の宵越し天井を

狙っている人間を締め出そうとするなら、宵越しゲーム数が

多い時だけリセットをかけるとか。

ただ、ホールの規模がそれなりに大きければ、

一人や二人の客のカード情報など、かまっている暇は

おそらくないでしょうから、気にすることないと思います。

立ち回りの幅が広がる

私の持っている貯玉再プレイできるカードの場合、多くのホールのカードで

「当日の貯玉は再プレイ無制限」という設定になっています。

たとえば、その日に20スロで1000枚出して貯玉、

そのままパチンコ行って10000個出して貯玉、

また20スロに戻ってさっき貯玉した1000枚で再プレイ

といった感じで、つまりカードに出玉を入れて、持って歩けるということです。

カードを持っていない場合、パチンコ↔パチスロの移動をしたら、

そのたびに現金で投資しなければならなくなります。

カードを持っていれば、「パチンコ打ってたけど、

パチスロのいい台が空いたから行ってくるか。

ダメだったらまたパチンコへ戻ろう。」とかいう場合も、

現金投資になるリスクを考えなくて済みます。

他のホールへ移動して、また戻ってくる、というときも

同様な理由で威力を発揮します。

複数店舗で、出玉を流さずに持っていられる、というのと同じことですから、

現金投資を少なくする上での効果は絶大です。

とにかく、行っているホールが非等価交換で、

貯玉再プレイのできる会員カードを

発行している場合は、絶対にカードをつくり、

できる限り貯玉で遊戯することをおすすめします。

これほど簡単に勝利に近づける方法はほかにありません。

関連記事→貯玉はどれくらい持っているべきか

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

-勝つための考え方
-, , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.