日常の稼働日記:甘釘台をつかむも・・ハマリ連発で惜敗!

      2019/09/28

私がパチンコのメインとしているホールのA店。

以前は旧イベントデーには真・北斗無双などの人気台はもちろん、

バラエティの甘デジにもガバっとアケられている台が散見されたものですが、

ここ最近はそういうのがほとんどみられなくなりました。

 

私はパチンコに関してはこのホールだけに依存しているので、

おかげでパチンコの収支は悪化しまくり。

そんななかでの先日の新台入替。

どうせアケてないんだろ、と順番にチェックしていきますと・・・

いつもは素通りするコーナーに・・・

さがしてみるとやはり目立った変化はみられない。

ちょっと変わった?っていうくらいの台はあるもののその程度の台はたいていダメ。

一目見て「オッ!これは・・・」とビックリするくらいの台じゃないと。

 

しかしいくらさがしてもないものはない。

なのでいつもは素通りする

「スーパー海物語in沖縄4」のシマにも足を踏み入れます。

地域一番店であるA店は、海物語もそんなにヒドイ扱いはしておらずいつもそこそこは回るんですけど、

目立ってアケられるということは少ない。

なのでいつも素通りなのです。

 

そこでみてみると、ヘソの釘が「あれっ?いつもとかなり違うよ?」・・・って明らかにわかるカタチに

変わっている台が数台ある。

 

おおお・・なにこれ。

そういえば先日から、これまでにみたことのないワイシャツ姿の社員さんがみられるようになった。

このホールはチェーン店なので、人事異動で釘を叩く人が変わったんだとすれば、

傾向が変わることもありえる。

なので、ここは打ってみるしかない。

海物語は史上最高のデジパチ

何度か書いていますが私は海物語が大好き。

ここ最近は余計な演出(RTC機能をつけてもいいけど演出をキャンセルできるようにしてほしいし、大海4のビッグバイブとかどう考えても余計。震えたら問答無用で当たりにすればよかったのに)

を搭載したものもでてきて、

時代に流されるのはやめてほしい・・・とも思うこともあるけれど、

どの台でも必ず「いつもの海モード」を残してくれているので

安心して打つことができます。

 

絶妙のバランス感覚で飽きがこずイライラしない演出は、

まさにデジパチとはこうあるべきもの・・というお手本。

海物語を軽視するホールはすべて滅びるべきでしょう。

牙狼だの慶次だのといったクソ台で儲けて、海では出血サービスするのがパチ屋の正しい姿じゃないの。

 

「スーパー海物語in沖縄4」シリーズに関しては、

以前に「桜バージョン」と「withアイマリン」の実戦記事を書きましたが

なかなか勝てないけど神台!「CRスーパー海物語in沖縄4 桜バージョン」打ち倒し日記!

至高のゲーム性を堪能!「スーパー海物語in沖縄4withアイマリン」実戦!

今回はミドルスペックの「MTC」。

大当り確率1/319.6→1/37.9、確変割合60%、通常当たり後には100回の時短・・という王道スペック。

60%っていう確変割合がいいんですよ。

あまりに連チャン性能が高いと単発で終わったときにムカつくわけです。

60%ならば引けなくてもそんなにイライラしない。仕方ない、と諦めることができるし、時短が100回あるので引き戻しに期待できちゃう。

思うにデジパチはこのタイプで全部統一してもいいんじゃないか、くらいのもの。

デジパチは確変ループタイプがいちばん。

ただひたすらムカつくだけの高継続の1種2種混合機なんぞを一生懸命つくってるからパチンコは斜陽なのでは。

早い段階で確変!しかも回る!これは今日は爆勝ちの予感・・・

打ち始めますと、回転力を見極める間もなくすぐに当たっちゃった。

51回転、投資貯玉625個でまずは沖海チャンス(2R突然確変)。

そこからすぐまた沖海チャンス。電チュー保留からの沖海チャンスは勘弁(振り分け8%)して・・・

といったところですが、まあ確変だから。

 

ちなみにこの台では、確変中のみ

「ハイビスカスモード」で打ったりしてます。

「ハイビスカスモード」では、確変中に液晶画面のハイビスカスのハナが開いている状態で当たれば確変確定。

チャンス目がとまるとハイビスカスが開花するので、

開花しているあいだは「今今今!」と常に激アツ。

つぼみになってるあいだにリーチした時のガッカリ感はなかなかつらいけど、

それはそれで「ハズレろ!」とアツくなれる。

 

今回は2回の沖海チャンス後にやっぱりつぼみ状態からハイビスカスフラッシュなしで

ハリセンボンが揃っちゃって通常当たり。

さらに時短中に引き戻して通常当たり。

計4連で終了。

 

持ち玉が少しできてちょっと安心しつつ回転力をチェック。

これが・・やっぱり回る。

最初の連チャン後は1000円当たり28回くらいの回転力で経過。

1日トータルでの回転力は1000円当たり平均で25回程度といったところに落ち着きましたが、

どうやらヘソだけでなく一般入賞口もアケられた感じ。スポスポ入っていく。

 

回る回る・・と喜んでいるうちに351回転でエンゼルフィッシュが揃って通常当たり・・・

と思いきや、終了画面にサムが登場して確変でした。

そこから時短中引き戻し2回を含め計7連!

持ち玉は10000個ちょいに。

 

よしよし。

この回転力で持ち玉は10000個。

時間はまだ昼にもなってない。

今日はイケるでしょ。

やっぱりきた!お約束のクソハマリ

しかし、「安心」できたときにかぎって思わぬことが起こったりするのがぱちんこの恐ろしいところ。

そこから1217回ハマって通常当たり。

持ち玉はすべてなくなり、貯玉750個を追加投資。

さらに時短中2回転で引き戻し、ラウンド中にブツン・・・とブラックアウトして確変。これは嬉しい。

結局3連で終わりましたが、まだ現金投資もしてないし、

1200ちょいのハマリなどべつに珍しくもないし気にしてられない。

ここから挽回だな・・・と思っていますと・・・

 

またまたハマリ。

1283回転までハマってジュゴン揃い。

アンコウの笑顔はムカつくけどジュゴンはカワイイ。

追加投資は貯玉375個と27000円。

 

そこから3連したところで、

閉店まであと1時間ちょいになったのでヤメ。

 

 

惜しい。

時短中に引き戻ししまくって通常時はちっとも引けないという嫌がらせ展開。

勘違いしてる海パチンカーは凄く多いんだけれども、このタイプの台の場合は時短というものは完走したほうが実はオトク。

とはいっても、それは自分ではどうすることもできないので気にする必要もないんですけどね。

時短で当たらなかったときに「クソ~!」と悔しがる必要はないということです。

100回転完走できて得した、と考えるべきです。

ハマリを喰らうことは避けられない。だから・・・

確変のヒキも少し悪いほうに偏って惜敗。

金額に直すとマイナス 18,815円。

 

1000円当たり25回程度という、なかなか出会えない(27.5玉交換です)甘釘台で終日打ったにもかかわらず負け。

しかしこれをみて

「やっぱり回る台を打ったところで引けなきゃあ勝てない。ボーダー理論では勝てない」

と思ってはいけません。

 

ときにクソハマリを喰らうことはどう頑張っても、どれだけ凄腕のパチンカーであっても避けることはできません

(俺はそんなハマリ喰らったことないぜ・・と言う人は、経験が浅いか、そこまで粘ったことがないだけにすぎない)。

だから、いつも書いていることですが1日単位での勝ち負けはどうでもいいのです。

回る台を打てた、ということに意味があります。

出ようが出まいが、回る台を打てればそれで勝ちと考える。

 

今回だって、1200オーバーのハマリを2回喰らってもこの程度の負けで済んだのは

ひとえに「回る台を打った」から。

これが1000円当たり20回の台だったならあと3万円くらいは負けが増えていたわけで、

その差が1年2年積み重なったときにはとてつもなく大きな差となります。

 

回る台を打ったけど負けたという体験をして「回る台を打っても意味がない」と勘違いしてしまうと、

なかなかその誤謬から抜け出すことができなくなります。

(関連記事→「ボーダー理論」では勝てない、という病①~何度も言うけれど、長い目で考えよう~

 

というわけでこの日はマイナス収支でしたが問題なし。

回る台で粘ることができ、海物語の面白さを再認識。

シンフォギアとか慶次でこれだけハマったら気が狂うけど、海なら全然大丈夫。

海がアケられることがあればまた打って稼働記事にしたい。

 

リベンジ実戦→日常の稼働日記:海物語を打ちたおす!沖海4でリベンジ!

追伸:この台で「デモ出し」はしちゃダメですよ!

ついでに。

この日の実戦中、となりで打っていた人が確変や時短中、つまり電サポ中に

頻繁に打つのを一時ヤメて離席していました。

これがいわゆる「デモ出し」のつもりだったのかどうかわかりませんが、

パチンコ「デモ出し」は百害あって一利なし

「沖海4」のミドルでこれをやるのは損なのでご注意を。

 

この台の電サポ中は電チュー保留を優先して消化します。

電チュー保留がなくなってしまうとヘソ保留を消化、

そこで当たっちゃうと出玉ナシ当たりの割合が高まるので、

(ヘソ保留(左側の赤い保留)で当たると、出玉ナシの「沖海チャンス」の割合が20%、電チュー保留(右側の保留)で当たると「沖海チャンス」の割合は8%)

確変および時短中は電チュー保留が切れないようにしないといけません。

つまり、電サポ中に離席したりすると損をする可能性があるということです。

 

同じ沖海4でも「アイマリン」や「桜バージョン」は

ヘソ保留でも電チュー保留でも性能は同じなので大丈夫なのですが、

ミドルの場合は注意!

時短が終わるまでトイレなどはできるだけガマンです。

 

こちらもそうぞ

勝てない海物語パチンカーに推奨する、カンタン「負けを減らす」打ち方。

 - パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子, 勝つための考え方 , , , , , , ,